比較サイトの便利な使い方

特に国内旅行の場合は早く買うということが何よりも大事です。国内で出発の28日前までにチケットを買うことが出来ると往復で何万の差が出ることも珍しくありません。
早割りの価格を探すときに便利な比較サイトは 空旅.comというサイトです。このサイトでは普通料金と割引料金の違いや各航空会社の時刻表順で表示させることができ、大変便利です。
そして国内線の格安航空券比較サイトについてですが、(LCCを使わないなら)が直前に予定が決まったときに非常に有効です。つまり、もし早めに日程が決まっていたなら絶対に早割りを使うほうがメリットは大きいです。なぜなら国内線の多くはJAL/ANAと価格が横並びになっている場合が多く、LCC以外の航空会社の格安航空券は海外に比べて少ないです。
突発的に飛行機を乗ることになったときは、旅ナビや空旅.comというサイトを使うとわかりやすく見やすいと思います。
では実際に旅ナビの利用の流れを紹介します。
まずは国内航空券を検索します。出発日と出発地、到着の時間帯などを入力して検索をする。
そして検索結果を比較して、自分の希望に合う搭乗便を選びます。実際に伊丹-羽田間で調べてみましたが、2日後の登場便でも平均で5千円以上は安くなります。最安値の便もわかりやすく表示がしてあるので、迷うことなく選べると思います。
そして搭乗便を選んだら購入者情報を入力して申し込みは完了です。その後旅ナビから確認のメールが届くので、入力した個人情報を確認して購入の手続きへと進みます。
購入の手続きが終わると、予約番号が発行されます。この予約番号は実際に空港のカウンターで発券をするときに必ず必要になるので印刷をするかメモで控えておくようにしてください。
後は搭乗日に空港へ行きこの予約番号で自分が乗る飛行機のチケットを発券すれば完了です。
ちなみマイレージはチケットの料金によって貯まるのではなく、発着空港区間・走行距離・チケット種別によりマイル額が変わります。運賃別積算比率(%)は予約運賃クラスにより分かれているので、各航空会社のマイレージ額を確認してください。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →