種類とPEX航空券について

まずは格安航空券とはもちろんのこと航空会社の発行する正規航空券とは違います。航空会社が正規に発行する定価のチケットは、何も割引がされていない状態なので高いです。ですが日程などの融通は利きますし、購入した航空会社のサポートも問題なく使うことができます。
そして次に航空会社が割引をしたチケットがあります。これをPEX航空券といいます。割引率については各航空会社ごとに大きな差があります。ゴールデンウィークや盆、正月など飛行機の利用が集中するときはなかなかありませんが、オフシーズのときはそれなりに安い価格で買うことができます。またの名を正規割引航空券ともいいます。
そして航空会社が団体旅行用に格安な価格で用意するチケットがあります。ふつうITチケットとよばれます。これは航空会社が団体旅行用に用意して旅行会社にまとめて卸したチケットをばら売りで買うということです。ですからこのチケットを買うということは団体旅行に建前上は参加しているということになります。
一般的に格安航空券とはLCCが誕生するまではこの団体旅行用のチケットをばら売りで買うIT航空券を言うのが一般的でした。LCCを使わない場合はこのチケットが一番安くなる場合は多いですが、時々PEX航空券のほうが安くなる場合もあります。
まずは航空会社のHPで価格を確認してみましょう。(JAL/ANAがいい)PEX料金は多くの場合は早割りなどの条件を航空会社が設定しています。この格安航空券では日程変更や経路変更は難しく、原則不可もしくは手数料が必要な場合が多いです。
それでも日程がはっきり決まっているならこのPEX航空券を利用する価値は大いにあると思います。なので予定が決まったらまずは航空会社のHPで早割りのチケットについて検索してみましょう。二ヵ月以上前に予約が出来れば最大60%ほどの割引を受けられることが出来ます。羽田、千歳、福岡、那覇などは人気路線になりますのですぐに売切れてしまいます。気になる路線があればすぐに検索してください。